胃カメラ(内視鏡)飲みました。


胃の調子が悪いため、先日のバリウムに続き胃カメラ(内視鏡)を飲みました。 :cry:
バリウムも初体験だったのですが、胃カメラも人生初体験です。 :shock:

感想はというと・・・

「泣きました・・。本当しんどい・・。吐き気が・・。×ループ」(キタナイ話ですんません)

ちなみに胃カメラ検査は下記の順番で行われました。
病院によってマチマチなので、参考程度で見てくださいね。

▼検査の手順
1.注射を打ちます。
検査をしやすくするため、注射を打ちます。筋肉注射なのでイタイイタイ・・ :cry:

2.謎の液体を飲みます。
検査しやすくする謎の液体です。

3.仰向けになりゼリーでのどを麻酔します。
ドロッとした苦い麻酔液です。ここで麻酔が効いてくるまで放置されます。(笑)
10~15分くらい経過した後、麻酔を飲み干します。

4.スプレーでのどを麻酔します。
この麻酔はゼリーと比較にならないくらいに苦いです。

5.口あてを噛みます。
赤ちゃんのおしゃぶりのようなものです。

6.医師から「リラックスして」と促されます。
出来るか!!!!って確実に思います。(笑) :lol:

7.検査開始
胃カメラを突っ込まれます。のどに入る瞬間、正直シンドイです。「喉元すぎれば~」ってなことわざがありますが、喉元すぎてもしんどかったですわ・・。 :cry:

8.撮影と細胞の採取
パシャパシャと胃の内部を撮影します。そのうち細い管が胃カメラの横から入れられ、細胞を採取されます。検査はだいたい15分くらいだったと思います。

9.医師から結果を聞く
撮影した写真をもとに結果を聞きます。

10.おわり
1時間くらいすると麻酔が抜けて元に戻ります。が、自分の場合、喉元がちょっと痛いです。

でもって、診断の結果、バリウム検査で出ていた胃潰瘍は治っていましたが、「慢性的な胃炎」とのことでした。 :cry: また、大豆サイズのポリープも見つかってしまいました。

陽性/悪性は採取した細胞の診断結果待ちですが、あとは祈るのみです・・

皆さんも健康には気をつけてください。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!