住民税の退職者の取扱い


住民税の退職者の取扱いについてまとめました。 :grin:

★退職時の取扱いについて
退職時期によって徴収方法が分かれています。

▼6月から12月の間で退職した場合
1.普通徴収に切替
退職後に個人で納付します。(退職後に納付書が自宅に届きます)

2.特別徴収の継続
再就職が決まっている場合、再就職先で特別徴収を継続します。(特別徴収にかかる給与所得者異動届出書を市町村へ提出すること!)

※普通徴収か特別徴収かのいづれかを選択します。

▼1月から5月の間で退職した場合
3.一括徴収
5月分までを一括して会社が納付する。

★社員が中途入社した場合
中途入社する社員に聞き、一括徴収や普通徴収になっている場合は、特別徴収に切替えます。
その場合は、特別徴収にかかる給与所得者異動届出書を市町村へ提出します。

社員が退職したときは注意が必要ですね。 :sad:

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!