消費税の中間申告


消費税の中間申告は、前年度に納付した消費税額によっていくつかのパターンに分かれます。

▼前年度の消費税総額
1.60万円以下の場合
中間申告は不要

2.60万円超500万円以下の場合
課税期間開始後6ヵ月を経過した日から2ヵ月以内に、
前課税期間の消費税額×6/12を納める。

3.500万円超6000万円以下の場合
3ヶ月に1回納付する。
・課税期間開始後3ヵ月を経過した日から2ヵ月以内に、
前課税期間の消費税額×3/12を納める。

・課税期間開始後6ヵ月を経過した日から2ヵ月以内に、
前課税期間の消費税額×3/12を納める。

・課税期間開始後9ヵ月を経過した日から2ヵ月以内に、
前課税期間の消費税額×3/12を納める。

4.6000万円超の場合
毎月末日の翌日から2ヵ月以内に、
前課税期間の消費税額×1/12を納める。

ちなみに、当社の場合は2が該当します。
決算日が3月末日なので、6ヵ月を経過した日から2ヵ月以内とは11月末日を指します。

11月1日に税務署から中間申告書が送付されてきました。
用紙は真ん中で切り取れる仕様になっていて、上紙が事業所/税務署の控え・下紙が納付書になっていました。

上紙は代表取締役/税理士の先生のサインが必要でしたので、税理士の先生に渡し、下紙は11月末日までに銀行窓口で納付手続きを行います。

次回は中間申告の方法について書こうと思います。 :grin:

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!