給与計算をする側のニンゲン



給与ってほとんどの方が月1回決められた日に「もらう」側だと思います。
今回は「計算する」側のお話させて頂きます。

お給料は「間違っていないことが当たり前」というように思っている方が多いかもしれませんね。もちろん「計算する」側も細心の注意を払い、チェックを何重にも分けて行います。

でもごくわずかではありますが間違えることも当然あるのです。
ワタシは幸いまだありませんが(笑)

少し詳しく説明しますと、経理用語で言う「固定的賃金」はほとんど変わりません。(昇給月を除く)
ですが、休日出勤・残業などをした場合に発生する「非固定的賃金」が間違える「モト=爆弾」が潜んでいます。

この部分は「計算する」側がもっとも注意を払うところです。
間違があったら、当然の如く「平謝り」しなければなりません。
「もらう」方からしてみれば、「死活問題」な訳ですしね。

皆さんも「ちょっと少ないな」と感じたら担当者に訊ねてみてください。
案外、間違いが見つかるかも知れませんよ(笑)

次回は計算の仕方についてもう少し掘り下げてお話します。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!