賞与から控除されるもの


皆さんの会社では賞与は何回支給されてますか?

・1年で2回ないし3回支給
・業績により支給なし
・年俸制のため支給なし

月給制の場合、夏・冬で計2回支給する会社が多いと思います。
経済ニュースでもよく「冬のボーナスは~」って今の時期は流れると思います。

賞与を会社から支給されている方で、「控除額が多いんじゃない?」って思われる方が多いかと思います。今回はその控除額についてまとめてみました。

▼控除対象
賞与から控除される額については住民税を除くすべてが該当します。

・健康保険料
・介護保険料(対象者のみ)
・厚生年金保険料
・厚生年金基金(加入している企業のみ)
・雇用保険料
・所得税
・その他の控除

▼保険料率の計算
控除される保険料は、給与で利用している標準報酬月額を利用するのではなく、賞与支払届に記載する賞与額をもとに計算します。 :smile:

政府管掌保険では次の保険料が該当します。
・健康保険料(1000分の82)
・介護保険料(1000分の12.3) ※平成19年3月から
・厚生年金保険料(1000分の149.96) ※平成19年9月から
・児童手当拠出金(1000分の1.3) ※平成19年度
・雇用保険料(1000分の15) ※一般事業所の場合

※雇用保険料を除き、従業員と会社の折半(割る2)となります。
  雇用保険料の従業員負担は1000分の6です。
※組合管掌や厚生年金金に加入している会社では、それぞれ決められた保険料率で計算が行われます。

上記の保険料率を給与ソフト内に設定し、自動計算がなされます。
これによって、控除額が決定し、皆さんの賞与から天引きされるようになっているのです。 :???:

控除額に不安がある方は、会社の経理担当者に聞いてみるといいかもしれません。 :grin:

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!