e-Taxで確定申告 初期登録編


パソコンの初期設定が終わったらe-taxを利用するための初期登録を行います。
初期登録にはまず、「開始届出書」を納税地を所轄する税務署に提出する必要があります。

開始届出書はe-taxホームページ上のオンラインで手続きと作成・提出ができます。

手続きには財務省認証局と財務省運用支援認証局のルート証明書が必要ですが、画面の指示通りにすれば手続きが進むはずです。ここの部分は私も曖昧なのですが、インストール中に入力エラー送信ボタンが効かないなどのトラブルが発生しました。トラブルが起こった場合は、ブラウザを再起動したり、パソコンの再起動を試してみてください。ちなみに私はブラウザの再起動で解決ができました。

開始届出書の提出から10日前後で利用者識別番号等が書かれた書類が郵送されます。

準備が出来たら、次にe-taxの初期登録を行います。
初期登録には次の情報を入力します。

・都道府県
・税務署
・利用者識別番号
・住所又は事業所
・氏名

確定申告 初期登録画面

ここまでくれば、確定申告書をオンラインで提出できる状態まで完了しています。
あとはオンラインマニュアルに従って、確定申告書を作成しデータを送信すれば手続き完了となります。

ちなみにここまで準備をするのに私は半日を要しました。 :cry:
正直セットアップでは、エラーが頻出してしまったせいかけっこうしんどく思いました。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!