労働保険の年度更新の作業


労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算されることになっていて、その額はすべての労働者(雇用保険に関しては被保険者のみ)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定します。

▼申告
4月1日から5月20日まで

▼提出先
労働基準監督署または東京労働局

▼延納と納期
概算保険料額が40万円以上の事業所は、3回に延納ができます。

第1期:5月20日まで

第2期:9月1日まで

第3期:12月1日まで

※納付書は10日前前後に送付される。

▼雇用保険利率
1.一般事業所
15/1000(事業主負担:9/1000、被保険者負担:6/1000)

2.農林水産清酒酒造の事業
17/1000(事業主負担:10/1000、被保険者負担:7/1000)

3.建設の事業
18/1000(事業主負担:11/1000、被保険者負担:7/1000)

労働保険は、前年度(前年4月1日~当年3月31日)の賃金総額に基づく保険料を精算し(確定保険料)、次年度(当年4月1日~翌年3月31日)の保険料(概算保険料)を申告・納付する作業を行います。これを労働保険の年度更新といいます。

私も早く書類を作成し、提出しなければ!!

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!