個人の確定申告とは


確定申告とは、税金に関する申告および手続のことで、主に次のことを指します。

1. 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること

2. 法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること

3. 消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

ほとんどのサラリーマンの場合、会社が「年末調整」を行うことで確定申告は不要です。ただし、2箇所以上で給与ももらっている場合などは確定申告をしなければなりません。

個人の確定申告の場合は、その年の1月1日から12月31日までの収入と費用を計算し自分で申告します。申告期間は、毎年2月16日から3月15日まで(休日の場合は翌営業日)の1か月間です。

作成方法は、「e-Tax(イータックス)で作成」「税務署や最寄りの還付申告センターに設置しているタッチパネルで作成」「税務署や最寄りの還付申告センターで、確定申告書の用紙をもらい手書きで作成」の3つです。作成した確定申告書は管轄の税務署へ送付するか、持参し提出します。

e-Tax(イータックス)は、私も経験済みですが、初期投資がかさむ点(住民基本台帳登録、ICカードリーダを購入)、インストール時にエラーが頻発する点から非常に使い勝手が悪いです・・。

法人の確定申告に関しては、別に書くことにします。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!