厚生年金保険料の段階的値上げ


久々に「熱血経理マンのお仕事日記」の更新です。
最近は税理士試験を受験するために簿記的なことばかり書いていましたが、今回は時事的なお話です。

すでにご存知の方もいるかと思いますが、厚生年金保険料は毎年9月に3.54/1000ずつ段階的に引上げられます。(船員・坑内員は2.48/1000ずつ) :shock:

これが以降の値上がり率です。

▼適応期間                   ▼厚生年金保険料率(一般)
・平成20年9月分から平成21年8月分まで     153.50/1000
・平成21年9月分から平成22年8月分まで     157.04/1000
・平成22年9月分から平成23年8月分まで     160.58/1000
・平成23年9月分から平成24年8月分まで     164.12/1000
・平成24年9月分から平成25年8月分まで     167.66/1000
・平成25年9月分から平成26年8月分まで     171.20/1000
・平成26年9月分から平成27年8月分まで     174.74/1000
・平成27年9月分から平成28年8月分まで     178.28/1000
・平成28年9月分から平成29年8月分まで     181.82/1000
・平成29年9月分以降                 183.00/1000

※厚生年金基金に加入している場合は、基金からの利率を適応します。

3.54/1000というのは、「会社と従業員の折半」を意味していますので、従業員への負担も増すばかりか会社への負担も非常に大きくなります。 :cry:

例えが悪いかもしれませんが、現在の標準報酬月額が38万円だと仮定して計算すると・・

平成20年利率の場合 38万×153.50/1000=58,330.0円(会社・従業員合算)
平成29年利率の場合 38万×183.00/1000=69,540.0円
――――――――――――――――――――――――――
                    その差額 11,210.0円 :shock: :shock:

これだけ厚生年金保険料が値上がりすると本当に生活が厳しくなります。
皆さんの給与から天引きされる法的控除額は年々増していくことを忘れないで下さい!

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!