中途採用者と退職者の給与の日割り計算について


中途採用者や退職者の給与計算は、給与の締め日以外で発生すると「日割り計算」にて給与を計算します。会社では就業規則給与規程などに日割り計算の方法が定められています。特に労働基準法などで定めがないため、日割り計算は会社の裁量で決定されます。

主な日割り計算方法は次のとおりとなります。

例:
・基本給:20万円(交通費や勤続手当を除きます)
・給与の締日:前月16日~当月15日まで。当月28日支払
・8月31日で従業員が退職した。
・従業員が退職までに勤務した日数は10日
・所定労働日数は22日
・1年間の月平均所定労働日数は23日

(1)暦日による方法
当該給与計算期間の全暦日数(月によって変動)と勤務した所定労働日数を利用して計算する方法です。

(基本給÷全暦日数)×勤務した所定労働日数

(20万円÷31日)×10日=64,516円(小数点以下四捨五入)

(2)当該月の所定労働日による方法
該当する給与計算期間の所定労働日数と勤務した所定労働日数利用して計算する方法です。

(基本給÷該当する給与計算期間の所定労働日数)×勤務した所定労働日数

(20万円÷22日)×10日=90,909円(小数点以下四捨五入)

(3)月平均の所定労働日による方法
会社であらかじめ決めた1年間の月平均所定労働日数と勤務した所定労働日数利用して計算する方法です。

(基本給÷1年間の月平均所定労働日数)×勤務した所定労働日数

(20万円÷23日)×10日=86,957円(小数点以下四捨五入)

3つの方法ともに「分母」が異なるため、支給する給与額に変動があります。
また、交通費の日割り計算にもこの3つの方法が適用されることが多いです。

退職するときに給与額に不服があっても給与規程に定められている場合がありますのでよく確認された方が良いと思います。

ちなみに私の会社では(3)の方法で日割り計算をしています。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!