損益計算書の理論まとめ


1.本質
損益計算書は、企業の経営成績を明らかにするため、一会計期間に属するすべての収益とこれに対応するすべての費用とを記載して経常利益を表示し、これに特別損益に属する項目とを加減して当期純利益を表示しなければならない。

2.利益計算方法
(1)損益法
期間損益 = 期間収益 - 期間費用

(2)財産法
期間損益 = 期末資本 - 期首資本

3.総額主義の原則
費用及び収益は総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによって全部又は一部を損益計算書から除去してはならない。

※有価証券売却損益、固定資産売却損益、売上(仕入)値引き・戻り高等、為替差損益は、例外で純額表示が適用される。

4.費用収益対応表示の原則
費用及び収益は、その発生源泉によって明瞭に分類し、各収益項目とそれに関連する費用項目とを損益計算書に対応表示しなければならない。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!