イーバンクから楽天銀行


2009年6月4日にリリースされていたとおり、楽天の連結子会社である「イーバンク銀行株式会社」を「楽天銀行株式会社」に商号を変更する日が近づいてきました。新商号実施日は2010年5月4日で、「楽天グループとしての位置付けを明確にし、楽天グループ各社とのシナジー効果を追求することによって、さらに顧客利便性の高い金融サービスの提供を進めるため。」としています。

楽天は赤字の銀行イーバンクに対して200億円(第三者割当増資を引き受け、199億8000万円)の出資をし、連結子会社化し、楽天銀行へ新商号と順序よく進めてきました。イーバンクの赤字は投資部門の赤が多いようですが、ネットバンクとしての顧客数は日本一です。成功するとの予想がおおかたの見方ですが、ユーザにとっての魅力はあまり感じられません。逆に同行間振込手数料が0円から50円に変更だけが頭に残ります。

詳しくは同行間振込手数料の改定の案内をご覧ください。

最後にロゴがダサイ。

楽天銀行のダサイロゴ


楽天市場、楽天アフィリエイト、インフォシークとネットでもいろいろやっている楽天。使い倒せばメリットもあるだろうが、天下のAmazon、Yahoo!、Googleには遠く及ばない。世界規模になれない。

私は、「日本発で弱者」を応援したくなる方なのだが、楽天関連のサービスを全く利用していない。もちろん、勉強のため、知識のため、契約はしてみます。使ってみてはがっかりしてしまいます。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!