決算: 売上原価(決算調整)


各事業年度の売上原価の計算は、前期末の棚卸資産の評価額と期中の仕入金額との合計額から期末棚卸資産の評価額を差し引いたものとなります。

1.売上原価の構造
●売上原価計算の3要素
企業の営業利益は、売上高から売上原価を差し引いて計算した売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いて算出されます。売上原価を決定するうえで期末棚卸高の評価額は重要なポイントとなります。各事業年度の売上原価の計算は、次の算式により計算します。
(①期首棚卸高+②当期仕入高)-③期末棚卸高=売上原価

2.棚卸
期末棚卸高は、当期の売上高に直接対応する売上原価の算定に欠くことのできないもので、棚卸数量の把握とその価額の決定は、決算手続きの中でも最も重要なものです。
期末棚卸高=棚卸数量×単価

●棚卸資産とは
棚卸資産・・・商品・製品(副産物・作業くずを含む)、半製品、仕掛品(半成工事を含む)、主要原材料、補助原材料、消耗品で貯蔵中のもの、その他準ずるもの

●期末棚卸高の算定
期末棚卸高
-棚卸数量の把握-1実地棚卸、2帳簿棚卸
-単価の決定-1原価法2低価法

3.棚卸資産の評価方法
棚卸資産の評価方法は、その商品等の種類ごとに選定することができます。棚卸資産の評価方法は、原価法と低価法の2種類に大別され、さらに、原価法は6つの方法に区分されています。

●6つの原価法と2つの低価法から選択
法人は棚卸資産の評価方法のうち業態等に適したものを選択できますが、最終仕入原価法以外の評価方法を選択した場合は税務署長に届け出なければなりません。

決算に当たっては、税務署長に届け出た評価方法によっているか確認します。なお、届出がない場合は最終仕入原価法になります。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!