メタボ健診は特定健康診査・特定保健指導


特定健康診査・特定保健指導は、2008年4月より始まった40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保健制度。一般には「メタボ健診」といわれており、健診の項目は平成19年厚生労働省令第157号第1条に規定されている。

40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員が健診対象となり、まずは腹囲の測定及びBMIの算出を行い、基準値(腹囲:男性85cm、女性90cm / BMI:25)以上の人はさらに血糖、脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)、血圧、喫煙習慣の有無から危険度によりクラス分され、クラスに合った保健指導(積極的支援/動機付け支援)を受けることになる。受診率や保健指導実施率、のち(2008→2012年度)の目標到達度によって後期高齢者医療制度への財政負担が保険組合や自治体に対して最大10%内で増減される。

メタボ検診(メタボリック検診)とは健康保険法の改正によって2008年(平成20年)4月1日からスタートした、「40~74歳(健康保険の場合、被扶養者含む)」の健康保険組合などの医療保険加入者(毎年度4月1日現在で加入している者)に対して実施される特定検診のことで、いわゆるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を抽出し、メタボリックシンドローム(予備軍含む)と診断されると保健師や管理栄養士によって、それぞれの状態に応じた保健指導を受けることとなっているのです。

メタボ検診の目的
近年、糖尿病、高血圧、脂質異常症など、生活習慣が原因による生活習慣病患者が増加し、生活習慣病患者によって国民医療費全体の約1/3を占めているといわれており、このまま何も対策をしなければ今後も医療費が増加していき、国の財政を大きく圧迫する事が予想されています(生活習慣病が引き金となり、ガン、脳卒中、心臓病にも繋がるため、実際には生活習慣病患者によってかなりの医療費を占めているのです)。

そこで生活習慣病患者(予備軍含む)を減らせば医療費も抑えられると考え、メタボリックシンドロームは「高血糖・高脂血症(脂質異常症)・高血圧」の生活習慣病を発症していることから、メタボ検診(特定検診)の義務化が始まったのです(メタボ検診は生活習慣病を調べる検診ともいえます)。

メタボリックシンドローム(生活習慣病)と自覚していない方はもちろん、メタボリックシンドロームと自覚している方でも、自分から率先してメタボ予防対策を行う方が少ないため、国が医療費を抑える目的でメタボ検診を義務化させることとなったのです!

当然、メタボ検診を始める事によって当初はかなりの費用(メタボ検診を行える施設の完備など)が必要となりますが、将来的には・・・

◎メタボ検診スタート
⇒メタボリックシンドロームを早期発見、早期対策
⇒生活習慣病の予防
⇒脳卒中、心臓病の予防
⇒医療費削減

となり、この目的が達成されれば医療費を大幅に削減できると国(厚生労働省)が見込んでいるようですが、実際問題、生活習慣病の発症を遅らせても結局他の病気などになって生涯当たりの医療費は変わらないのではないか?タバコを規制した方がよっぽど医療費削減に効果的ではないか?などと言った意見もありますが、こればかりは国が決めた事なので、とりあえずは見守るしかありませんね・・・

※メタボ検診は医療保険加入者に対してではなく、国が国民健康保険を運営する各市区町村、各健康保険組合、共済組合に対して、対象となる医療保険加入者にメタボ検診を実施するよう義務付けているのです。

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!