月額変更届の提出



月額変更届の作成から提出までの流れをまとめました。

★月額変更届とは?
昇給や降給などにより、報酬額に大幅な変動があったときは、定時決定をまたずに報酬月額の変更届を提出します。これを随時改定と言い、その届出を月額変更届と言います。

★月額変更届が必要となるとき
月額変更届は、下記の図のとおり3つすべてに該当したときに行います。1つでも欠ければ届出の必要はありません。
getsugaku.jpg

▼固定的賃金に含まれるもの(支給額・支給率が決まっているもの)
・基本給(月給・週給・日給)
・家族手当、通勤手当、住宅手当
・役付手当、勤務地手当など

▼非固定的賃金に含まれるもの(稼動実績などによって支給されるもの)
・残業手当、能率手当、日直手当
・勤務手当、精勤手当など

非固定的賃金の変動のみでは、随時改定は行いません!

★月額変更届の必要の有無
報酬の変動と3ヶ月の平均額との関係を明確にするために早見表を作成しました。
hayami.jpg

★提出方法
1.磁気媒体
FD もしくはMOなどの磁気媒体でも提出が可能です。社員が多い会社さんはこちらを採用しているようです。
磁気媒体での提出についてはコチラを参考にしてください。

2.手記入する
手記入する場合は、昇給や降給があった変動月より以後3ヶ月間の報酬月額を、月額変更届に記入し指定された日までに提出します。提出方法は郵送もしくは窓口での提出となります。給与ソフトで賃金台帳を印刷すると記入しやすいです。(当社では弥生給与を使用しています)

★提出先
提出先は会社によって異なるため、注意が必要です!
・政府管掌保険であれば、社会保険事務所に提出。
・組合管掌保険であれば、健康保険組合に提出。
・厚生年金基金に加入しているのであれば、厚生年金基金に提出。

★提出書類
・被保険者報酬月額変更届

★提出後は?
被保険者標準報酬決定通知書(複写)が返却されます。新しい標準報酬月額となるのは変動した月から4ヶ月目に新しい標準報酬月額となります。新しい標準報酬月額は、1月~6月に行われた場合はその年の8月まで、7月~12月に行われた場合は翌年の8月まで適応されます。

以上で手続きは完了です。
関連記事も参考にしてくださいね!

トラックバック URL :



Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!