Author Archives for 前職経理

平成20年度の年末調整説明会へ参加してきました


2008年11月20日平成20年度の年末調整説明会へ参加してきました。
千代田区では、年末調整に必要な「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」や「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を説明会のときに配布します。
肝心の内容は、平成20年の年末調整では主だった変更点はないとのことです。
私の会社は従業員が10名満たないため、それほど労力を要しませんが、従業員が100名以上とかいる場合、書類の回収だけでも重労働になりますよね・・。
年末調整についてまとめた記事は、カテゴリ分けしていますので、その他の記事をご覧頂きたい場合はカテゴリから「年末調整」を選んで見てください!

10月の企業倒産は1231件2005年4月以降で最多に


帝国データバンクが2008年11月11日発表した10月の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は前年同月比13.7%増の1231件となり、集計基準を改めた2005年4月以降で最多となりました。
2008年1月からの累計は、なんと1万524件に達している模様で、年間でも2005年以降、過去最高となる可能性が強まっているそうです・・・。
その中で負債総額が100億円以上の大型倒産が12件もあり、今後も大型倒産が増える傾向であるとのことです。
景気低迷を背景とし、全体の約8割が不況型倒産に陥っており、業種別では建設、不動産関連での倒産が目立つほか、輸出減などで製造業の倒産件数が前年同月比30.4%増と大幅に増えました。
負の連鎖がとめどなくやってきます。
テレビ東京の番組で「不況こそチャンスととらえなくてはならない」という社長の特集が組まれていましたが、本当にそう思っている社長はどのくらいの割合でいるのでしょうか?
私は社長ではなく、いち社員の身分ではありますが、仮に社長でもこのような考え方ができないなと思いつつテレビを観ていました。

定額給付金の対象は年収1500万円未満世帯に


生活支援定額給付金(総額2兆円規模)について、高額所得者を支給対象から除外することで大筋決定するのではないかと2008年11月5日のニュースで報じました。
麻生首相は当初、「全世帯」への支給を表明していたが、ばらまき批判を背景に修正を余儀なくされました。
ですが、所得の把握には時間がかかることから年度内支給に影響が出る可能性があるほか、支給対象者の所得上限ラインをどこに設けるかなど難題もすでに浮上しているとのことから今後の動向に目が離せません。
まだまだ変更がありそうな制度ですね・・

USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法3


★USBメモリが感染しているか確認する方法
※注意!
USBメモリを開く場合は、マイコンピュータからリムーバブルディスク(USBメモリ)をダブルクリックしないでください。ダブルクリック=ウイルス起動されます。
1.USBメモリをShiftキーを押しながらPCに差込む
2.コマンドプロンプトを開く
・ファイル名を指定して実行
・名前に「cmd」と入力しOKボタンをクリック
> dir e:\ /a (eの箇所は適宜変えること)
[怪しいファイルたち]
・autorun.inf
・c.cmd
・f.exe
・i2p.bat
・mxuclt.exe
・o6mhfog.com
・spxgfwg.bat
・swfu.exe
・t2yev.exe
・wm93r0.com
・wvusvigl.bat
・xhlhmbw.exe
・yfog8p.exe
※上記のファイルが表示されている場合は感染しています
下記のコマンドを実行し駆除を行う
3.コマンド実行(autorun.infを削除する場合)
> attrib -r -h -s e:\autorun.inf
> del e:\autorun.inf
※autorun.infの箇所を削除するファイル名にする
4.ウイルスソフトでスキャンをかける
5.USBメモリを抜き、再度差込む(Shiftキーは押さなくてOK)
6.コマンドプロンプトを開く
・ファイル名を指定して実行
・名前に「cmd」と入力しOKボタンをクリック
> dir e:\ /a (eの箇所は適宜変えること)
[怪しいファイルたち]
・autorun.inf
・c.cmd
・f.exe
・i2p.bat
・mxuclt.exe
・o6mhfog.com
・spxgfwg.bat
・swfu.exe
・t2yev.exe
・wm93r0.com
・wvusvigl.bat
・xhlhmbw.exe
・yfog8p.exe
※上記のファイルが削除されているか確認してなければ駆除が完了です!!

USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法2


★revoウイルス駆除方法について
※注意!
Cドライブを開く場合は、マイコンピュータからCドライブをダブルクリックしないでください。ダブルクリック=ウイルス起動されます。下記の作業を行うには、ファイル名を指定して実行(c:)からCドライブを開いてください。
▼確認
[感染しているかどうかの確認]
①「ツール」>「フォルダオプション」>「表示タブ」をクリックします。
②「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックをいれOKをクリックします。
③もう一度「フォルダオプション」を開き、「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示
しない」にチェックがされていたらそのパソコンは感染しています。
このウイルスの特徴は、オンラインゲームのIDとパスワードを盗み出して中国のサーバーに送るトロイの木馬に属されるウイルスです。重要度は低いですが、亜種も数多く存在しているので感染していないと思っているパソコンでも確認したほうが良いと思います。
▼駆除するための準備
(1)システムの復元を無効にする
「マイコンピュータ」を右クリック>「プロパティ」>「システムの復元」タブ>「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」にチェックをする。
(2)InternetExplorerを起動し、ファイルの削除を行う
[InternetExplorer7の場合]
「ツール」>「インターネットオプション」>「全般」タブ>「削除」>「すべての削除」>「アドオンによって格納されたファイルや設定も削除する」にチェックをして「はい」をクリック
(3)ファイル名を指定して実行(msconfig)
「スタートアップ」タブにあるスタートアップ項目に下記のファイルにチェックがある場合はチェックをはずします。(このファイル達がウイルスの親玉です)
kava
kavo
mmvo
tavo
revo
(4)パソコンを再起動をしセーフモード(起動時にF8キーを連打)「セーフモードとネットワーク」で起動します。
(1)~(4)までの準備が完了したら、下記(5)からの駆除作業にとりかかります。
▼駆除開始!
(5)ファイル名を指定して実行(regedit)
下記のすべて値を「1」に訂正
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\Hidden
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\ShowSuperHidden
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\Folder\Hidden\SHOWALL\CheckedValue
※感染したウイルスの亜種によって、レジストリが表示されない場合があります。
その場合は次に進んでください。
※レジストリの変更には十分に注意してください。
(6)ファイル名を指定して実行(cmd)
> cd c:\ [移動]
> dir . /a [c:\内の一覧を表示する]
※一覧の中に下記のファイルがある場合は削除します。
・autorun.inf
・f.exe
・yfog8p.exe
・wm93r0.exe
・o6hfog.com
・t2yev.com
・uvg.com
・awqlpyrd.com
・q83iwmgf.bat
・8e9gmih.bat
・p3th8wb.cmd
> attrib -r -h -s autorun.inf [属性の変更]
> del autorun.inf [削除]
※以下、繰り返し。
※上記のファイルを削除するとフォルダオプションが「すべてのファイルとフォルダを表示する」に変更できると思います。⇒設定の確認
また、変更できなくても(7)に進んでください。
(7)ファイル名を指定して実行(c:)
c:\windows\Prefetchに移動し、下記のファイルがある場合はShift+Deleteで削除します。また、コマンドプロンプト上でもc:\windows\Prefetchに移動し、削除することができますのでやり方がわかる方はコマンドプロンプト上で作業してください。
[ファイルを検索する]
①検索ボタンをクリック
②ファイルとフォルダのすべてをクリック。
③ファイル名のすべてまたは一部に下記のファイル名を入力
・ファイル名の出だしが(6)から始まるファイル
・頭文字が「UU」から始まるファイル
・kava
・kavo
・mmvo
・tavo
・revo
④探す場所にc:\windows\Prefetchを選択。
⑤詳細オプションを開き、次の項目にチェックをつける。
・システムフォルダの検索
・隠しファイルとフォルダの検索
・サブフォルダの検索
⑥検索開始!
(8)ファイル名を指定して実行(c:)
c:\Windows\system32に移動し、下記のファイルがある場合はShift+Deleteで削除します。また、コマンドプロンプト上でもc:\Windows\system32に移動し、削除することができますのでやり方がわかる方はコマンドプロンプト上で作業してください。
・ファイル名の出だしが(6)から始まるファイル
・kava
・kavo
・mmvo
・tavo
・revo
(9)ファイル名を指定して実行(regedit)
下記のファイルをCtrl+Fで検索し削除する。
・ファイル名の出だしが(6)から始まるファイル
・kava
・kavo
・mmvo
・tavo
・revo
(10)パソコンの再起動し通常モードで起動させます。
再起動後、表示されるダイアログはチェックを入れてOKで閉じます。
(11)「autorun.inf」という空フォルダをCドライブ直下に作成する。
(12)マカフィーでウイルススキャンの実施
ウイルススキャンは最低2回かけてください。
▼最終確認
(13)スキャン後、レジストリ(regedit)を確認します。
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\Hidden
\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\ShowSuperHidden
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
\Explorer\Advanced\Folder\Hidden\SHOWALL\CheckedValue
上記の値が表示されているか確認します。
(14)駆除できたかどうかの確認
①「ツール」>「フォルダオプション」>「表示タブ」をクリックします。
②「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックをいれOKをクリックします。
③もう一度「フォルダオプション」を開き、「すべてのファイルとフォルダを表示する」のままであれば無事駆除されているはずです。
まだ、「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」に戻ってしまう場合はパソコン内にウイルスが存在しています。もう一度上記の手順で確認を行います。

USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法1


先日、妻の会社のパソコンにウイルスが感染し、調査していました。経理業務とはまったく主旨が異なりますが、作業ログを残しておきます。
▼ウイルスの特徴
kavo、mmvo、tavo、revoなどの名前でオンラインゲームのIDとパスワードを盗み出して中国のサーバーに送ります。重要度は低いですが一度感染すると駆除するのに大変な労力を要します。
ウイルス名:VAnti.gen.a!sys、PWS-Gamania.gen.c など亜種多数・・
発症は、マイコンピュータからCドライブ、リムーバブルディスクをダブルクリックで開くすると発動します。私の自宅のパソコンは、感染したと思われるUSBメモリを差した瞬間に感染しましたので亜種が多数存在すると推測されます。
調べる限り、マカフィー、トレンドマイクロ、シマンテックなどのウイルス対策ソフトがパソコンにインストールされていてもすり抜けてしまいます。
感染経路は、USBメモリ、デジカメのメモリ、MOディスクなどです。私がサポートした中で、USBメモリ8本、デジカメのメモリ1枚、MOディスク10枚が感染していました。
次回に駆除方法をまとめます。

麻生首相が消費税の引き上げを3年後に!


今まで不透明だった「消費税の増税」ですが、とうとう首相の口から2008年10月30日の会見で3年後の増税という発言がありました。会見の要旨を詳しく書いた記事が毎日JPにありましたので抜粋しご紹介します。
※毎日JPより記事を抜粋。
<冒頭発言>
 経済は100年に一度の米国発の暴風雨と理解している。日本の金融システムは欧米に比べ相対的に安定しているが、株式、債券市場を経て日本の実体経済にも影響を及ぼしてくるのは確実だ。
 大事なことは生活者の暮らしの不安を取り除くこと。ポイントはスピード。ばらまきにしない。赤字国債を出さない。日本経済は全治3年という基本認識の下、立て直しに取り組む。その場だけの需要創出ではなく、内需拡大による確実な経済成長につなげる必要がある。財政規律維持の観点から安易に将来世代に負担を回すことはしない。
 定額減税は給付金方式で全世帯に実施。雇用保険料を引き下げる。年長フリーターの正規雇用を奨励する。介護・子育てにも力を入れる。住宅ローン減税は控除可能額を過去最大に拡大したい。
 第二に中小企業金融対策。緊急信用保証枠を20兆円、政府系金融の緊急融資枠を10兆円まで拡大する。株式配当課税など10%軽減税率を延長する。第三は地方。高速道路料金を休日はどこまで行っても最高1000円とする。平日は昼間も3割引き。道路特定財源の一般財源化に際しては1兆円を地方に移す。
 財政は大幅赤字で社会保障費も増加する。財政の中期プログラム方針を年内にとりまとめる。経済状況が好転後、消費税を含む税制抜本改革を速やかに開始し、2010年代半ばまでに段階的に実行する。行政改革後、経済状況を見たうえで、3年後に消費税の引き上げをお願いしたい。私が目指す日本は中福祉、中負担。増税は誰だって嫌だが、借金を子供たちに残すこともやめなければならず避けて通れない。
 金融危機の問題はまずはずさんな詐欺的な融資、次に証券化商品の情報が不透明、格付け会社の格付け手法に対する疑問。問題点を見過ごした監督体制は大いに反省すべきだ。来月15日にワシントンで開かれる首脳会議で議論したい。
 格付け会社への規制のあり方などを首脳会議で議論したい。金融市場が乱高下する状況で、時価主義をどの範囲まで貫徹させるべきかなどについて国際的合意を目指したい。
 <質疑応答>
 ◇給付金支給に「ばらまき」との批判がある。臨時国会の会期を延長し、第2次補正予算の成立を目指すか。
 ◆減税方式に比べて少なくとも今年度内に行き渡る。税金を払っていない、納付額が少ない家計にも給付される点で、より効果が多い方式だ。第2次補正予算案は国会の運営の中で考えていくべき段階で、臨時国会中に出すか出さないかを決めているわけではない。
 ◇衆院解散・総選挙はいつか。
 ◆しかるべき時期に私自身が判断する。
 ◇公明党は早期解散を主張してきた。
 ◆公明党の意見、自民党内でもいろいろな意見があったのはご存じの通り。いろんなことを勘案して決めさせていただくということで、公明党と綿密な意見交換をさせていただき、十分に意思の疎通が図られたと思う。
 ◇公明党は11月30日投票で準備してきた。
 ◆太田昭宏公明党代表との間に連立がおかしくなるというような関係はない。
 ◇審判を経ないまま3代首相が変わった。麻生政権に政策を実現する正統性はあるか。
 ◆うちは大統領制でない。ここは議院内閣制で運営されている。正統性に関しては全く問題ない。少なくとも政局よりは政策、何より景気対策という世論の方が圧倒的に高いと思っている。
 ◇民主党の協力を得られるなら、第2次補正予算案を今国会に提出するか。
 ◆国会運営の話と密接に関係するで、本当に得られるか見極めながらでないと、何とも答えが出せない。
 ◇確認だが当面は衆院を解散しないのか。
 ◆少なくとも補正予算が通るか通らないか国会の対応などを見たうえだ。解散時期はこれに関連してくる。政策を実現し、国民の不安に応えるのが優先順位から言ったら一番だと思っている。
 ◇米国は大統領選で政治空白になる。日本が衆院解散で空白を作ることはないのか。
 ◆世界第1の経済大国と第2の経済大国の日本が、選挙でごちゃごちゃしているという状況は極めて好ましくないと、多分世界は思っている。確かに考えておかねばならぬ大事なとこだとは思う。しかし、選挙になったからといって行政がなくなるわけではなく、政府は存在をしている。直ちに政治空白が起こると考えているわけではない。