Site Archives 税理士試験

有価証券の分類


有価証券の分類は、保有目的などの観点から分類され、貸借対照表価格や評価差額の処理方法が定められています。分類は次のようになります。
(1)売買目的有価証券
時価の変動により利益を得ることを目的として保有する有価証券。時価をもって貸借対照表価格とし、評価差額は損益計算書の損益として処理をします。
B/S表示区分:流動資産
B/S表示科目:有価証券
P/L表示区分:営業外費用または営業外収益
P/L表示科目:有価証券売却益または有価証券売却損
(2)満期保有目的の債券
満期まで保有する債券は、取得原価を貸借対照表価格となる。ただし、債券を債券金額より低い価格または高い価格で取得した場合において、取得価格と債券金額との差額の性格が金利の調整と認められるときは、償却原価法に基づいて貸借対照表価格を算定します。
★1年以内に満期が到来しないもの
B/S表示区分:固定資産・投資その他の資産
B/S表示科目:投資有価証券
★1年以内に満期が到来するもの
B/S表示区分:流動資産
B/S表示科目:有価証券
P/L表示区分:営業外収益
P/L表示科目:有価証券利息
(3)子会社株式および関連会社株式
子会社株式および関連会社株式は、取得原価をもって貸借対照表価格となります。
B/S表示区分:固定資産・投資その他の資産
B/S表示科目:関連会社株式
※子会社株式と関連会社かぶしきを合算させて、「関係会社会社株式」となる!また、P/L上には何も表示しません。
(4)その他有価証券
売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券は、時価をもって貸借対照表価格とし、評価差額は次のように計上します。
[1]評価差額の合計額を純資産の部に計上する。
→全部純資産直入法
B/S表示区分:固定資産・投資その他の資産
B/S表示科目:投資有価証券
評価差額について:
純資産の部・その他有価証券評価差額金に計上します。(評価差額がマイナスの場合は「△」をつけます)
[2]時価が取得原価を上回った評価差額を資産の部に計上し、時価が取得原価を下回った評価差額を当期の損失として計上する。
→部分純資産直入法
B/S表示区分:固定資産・投資その他の資産
B/S表示科目:投資有価証券
評価差額:
・時価が取得原価を上回った評価差額→(B/S)純資産の部・その他有価証券評価差額金
・時価が取得原価を下回った評価差額→(P/L)営業外費用・投資有価証券評価損
税理士試験ともなると、「有価証券」の評価にも分類が多く分かれます。試験での出題傾向も高いようですので、マスターしたいと思います。
次回は貸借対照表の純資産の部をピックアップしてみます。

有価証券とは


有価証券(ゆうかしょうけん)とは、財産権を表す証券で、権利を行使したり、移転したりするには証券をもってしなければならないものをいいます。難しい表現なので項目ごとでまとめました。
▼法律上の有価証券
・手形
・小切手
・株券
・債権
・船荷証券
・倉庫証券 など
▼金融商品取引法の有価証券
・国債・地方債
・社債(普通社債、新株予約権付社債)
・株式(新株予約権・払込金領収書など)
・証券投資信託・貸付信託の受益証券
・コマーシャル・ペーパー
※上記のものは代表的なものですので、これ以外にも数多く会社法規集で定義されています。
次回は有価証券の種類についてまとめます

帳簿の締切り(英米式決算法と大陸式決算法)


帳簿の締切りには大きく分けて2つあります。
1つ目の英米式決算法(えいべいしきけっさんほう)とは、各勘定元帳の残高(貸借差額)をそのまま「次期繰越」として転記する方法です。翌期首では、「前期繰越」となります。これを開始記入と言います。
期末や期首で仕訳をする必要はありません。
2つ目の大陸式決算法(たいりくしきけっさんほう)とは、各勘定残高を開始残高勘定に振替えて締め処理を行う方法です。
(1)純大陸式決算法
「開始残高」勘定という集合勘定を用いて、開始仕訳を行うのが「純大陸式」です。
(借)         (貸)
現金    100  開始残高 300
売掛金   100  買掛金   50
開始残高 200  資本金  250
(2)準大陸式決算法
「開始残高」勘定を省略し、資産、負債、資本の各勘定の金額をもって直接開始仕訳を行うのが「準大陸式
」です。
(借)         (貸)
現金    100  買掛金   50
売掛金   100  資本金  250
まとめると、
・英米式決算法
開始記入をする。(仕訳不要)
・純大陸式決算法
開始残高勘定を使用する。(仕訳必要)
・準大陸式決算法
開始残高勘定は使用しない。(仕訳必要)
★問題
(凸凹商店)
現金   100
前払費用 10
売掛金  100
買掛金   60
資本金  150
問1
凸凹商店が純大陸式簿記法を採用していた場合の翌期首の営業手続記入以前の普通仕訳帳に記入される仕訳金額の合計額を示しなさい。
問2
凸凹商店が準大陸式簿記法を採用していた場合の翌期首の営業手続記入以前の普通仕訳帳に記入される仕訳金額の合計額を示しなさい。
(解答)
問1 純大陸式簿記法:
(借)         (貸)
現金    100  開始残高 210
前払費用  10
売掛金   100  買掛金   60
開始残高 210  資本金  150
費用科目  10  前払費用  10
430円
問2 準大陸式簿記法:
(借)         (貸)
現金    100  買掛金   60
前払費用  10  資本金  150
売掛金   100
費用科目  10  前払費用  10
220円
前払費用は、再振替仕訳を行います。
再振替仕訳とは、前期末におこなわれた経過勘定項目(前払費用、未払費用、前受収益、未収収益)を元の勘定に振替えることを言います。つまり、逆仕訳を行います。

決算整理前残高試算表と決算整理後残高試算表について


残高試算表には、決算整理前残高試算表(けっさんせいりまえざんだかしさんひょう)と決算整理後残高試算表(けっさんせいりござんだかしさんひょう)があります。
残高試算表とは、財務会計において決算時に取りまとめる計算表のことを指します。
すべての勘定科目について、損益計算書と貸借対照表の区別はせずに貸借に並べます。
当期首(前期末)の残高と当期中の仕訳を集計したものを決算整理前残高試算表と言い、決算整理仕訳を行った後に集計したものを決算整理後残高試算表と言います。
また、合計残高試算表には要注意!!!
借方と貸方の相殺してはいけません。
貸借の金額を相殺して差額のみの表示をさせるのが残高試算表です。
税理士の試験問題では、たくさん出題されるようなので理解を深めようと思います。

税理士試験答練を受ける


8月17日、LEC池袋本校で税理士試験の答練を受けてきました。
7月27日から通いだしてはじめての試験です。
試験はパソコン財務会計主任者試験の2級試験となりましたが、勝手が違い、とても緊張しました。
試験時間は2時間で、本試験と試験時間は同じです。
▼第1回試験内容
第1問 総合問題(基礎)
・純大陸式合計残高試算表(決算整理前残高試算表)
・純大陸式合計残高試算表(決算整理後残高試算表)
・損益勘定の作成
ほか全7問
第2問 個別問題
・現金過不足
・貸倒引当金の算定
・支払利息の計算
・銀行調整勘定表の作成
第3問 総合問題(応用)
精算表の作成
結果は・・
まったくと言っていいほどできませんでした。(笑)
採点は解答用紙を回収されたため、していませんが、100点中40点くらいでしょうか・・
平均点はどのくらいなんだろう!?!?
出来なかった大きな理由は「時間配分」に尽きます。第1問で50分くらい使ってしまい、正直、相当焦りました。
本試験でも同じ事しそう(笑)
試験の終わりに担当講師である並木講師が試験でもポイントを伝授してくれました。
★時間配分
第1問 30分
第2問 30分
第3問 1時間
の時間配分がベストのようです。
また、「解いている問題が途中でも30分で解ききれなければ次へ行く勇気を持つ」というのがポイントとのこと。
うーん。
まだまだ慣れませんが次回は頑張ろうと思います!!

未取立小切手とは


未取立小切手(みとりたてこぎって)とは、受取った小切手を金融機関に持ち込んだもののいまだ取立(当社の当座預金口座への入金)が行われていない小切手のことです。銀行勘定調整表の作成問題に出題されます。
小切手を受け取った時点で「帳簿上の当座預金残高は増える」が、「実際の当座預金残高は銀行が取立処理を行ってから増える」ので当座預金残高と残高証明書が一致しません。
★未取立小切手の処理
銀行側が処理を行えば、当座預金残高は増えるので、当社側での仕訳の必要はありません。(銀行残にプラス)

未取付小切手とは


未取付小切手(みとりつけこぎって)とは、取引先に渡したにも関わらず、まだ取引先が銀行に呈示していない小切手のことです。銀行勘定調整表の作成問題に出題されます。
この場合、企業側は小切手を振り出した当日に当座預金の減少処理をしますが、銀行側では小切手が呈示された時に支払いの記帳がされますので、残高が一時的に一致しなくなります。
★未取付小切手の処理
銀行側が処理を行えば、当座預金残高は減りますので、当社側での仕訳の必要はありません。(銀行残からはマイナス)