混乱する定額給付金制度


定額給付金制度をどのように給付すべきか混乱を増しています。
麻生首相は全世帯に支給と言えば、1500万円未満の家庭に支給と言ったり、一体どんな結果になるのでしょうか?

1500万円未満などの所得制限を設けるやり方は、全国町村会が実施したアンケートでは、実に約9割が所得制限に否定的だったとする結果を発表しました。

政府(国)と全国の市区町村で足並みがまったく揃っていない状況は一体どんな結論がでるのでしょうか?

麻生首相の支持率も急激に下落しているようですし、首相としてのリーダーシップを発揮しなければ国民はついてこれません。

まずは足並みをそろえないことには、定額給付金制度は前進しないのではないでしょうか・・

平成20年度の年末調整説明会へ参加してきました


2008年11月20日平成20年度の年末調整説明会へ参加してきました。
千代田区では、年末調整に必要な「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を説明会のときに配布します。

肝心の内容は、平成20年の年末調整では主だった変更点はないとのことです。
私の会社は従業員が10名満たないため、それほど労力を要しませんが、従業員が100名以上とかいる場合、書類の回収だけでも重労働になりますよね・・。

年末調整についてまとめた記事は、カテゴリ分けしていますので、その他の記事をご覧頂きたい場合はカテゴリから「年末調整」を選んで見てください!

10月の企業倒産は1231件2005年4月以降で最多に


帝国データバンクが2008年11月11日発表した10月の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は前年同月比13.7%増の1231件となり、集計基準を改めた2005年4月以降で最多となりました。

2008年1月からの累計は、なんと1万524件に達している模様で、年間でも2005年以降、過去最高となる可能性が強まっているそうです・・・。

その中で負債総額が100億円以上の大型倒産が12件もあり、今後も大型倒産が増える傾向であるとのことです。

景気低迷を背景とし、全体の約8割が不況型倒産に陥っており、業種別では建設、不動産関連での倒産が目立つほか、輸出減などで製造業の倒産件数が前年同月比30.4%増と大幅に増えました。

負の連鎖がとめどなくやってきます。
テレビ東京の番組で「不況こそチャンスととらえなくてはならない」という社長の特集が組まれていましたが、本当にそう思っている社長はどのくらいの割合でいるのでしょうか?

私は社長ではなく、いち社員の身分ではありますが、仮に社長でもこのような考え方ができないなと思いつつテレビを観ていました。

最近の記事

定額給付金の対象は年収1500万円未満世帯に


USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法3


USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法2


USBメモリから拡散するウイルスの駆除方法1


Page 3 of 38«123456789»...Last »
 

Profile

熱血経理マンのお仕事日記

熱血経理マンのお仕事日記では、経理のお仕事や事務手続きに関すること、また、仕事中に疑問に思ったことなどを中心にまとめた備忘録的ブログです。 皆様からのコメントもお待ちしています!